グラフィックデザイナーとして仕事は、パソコン作業が非常に多く、なまった体を動かすため、東京にいた頃から、走ったり、自転車に乗ったりしていた。

その当時から、体感というものが非常に興味がわき、柔術、合気道、杖道、指圧、アレキサンダーテクニック、ヨガ、オイルトミューと体感を磨き続けてきた。

宇宙のシンボルを描くとき、イメージと体感をつなげるためには、全身を使って描く必要がある、描くという事は何なのか、初めて自分に問いたのもこの瞬間だろう。

シンボルに込められら意味を読み解く、体感を広げていくとこで現れるイメージとは何か、何を考えているわけではない、ただそこにある景色。

オープンアトリエ シーラボ

11月17日(土)18日(日)

11時から18時まで

ポップアップ展示「トランスファー」

シーラボ、プロジェクトスペース

http://www.seelab.nl

Leave a Reply