Pushing up daisy

2013 Het Nutshuis, Den haag (Grope exhibition)

Attempt to visualized a spirit of Daisy (a chestnut tree used to stand in a private garden in den haag) by having a dialog with a resident of the house. The story of Daisy brings me to realize a connection to the colonial time of Indonesia and spiritual connection between them.

Submitted the artwork was sold at auction and by the proceeds, Daisy was re-planted at prince park in den haag in 2015.

 

デン・ハーグの庭に立っていた一本の栗の木のプロジェクト。

デイジーと名付けられた栗の木はオランダ、デン・ハーグにある一軒の庭に立っていた。その住人との対話を通し、木と住人に秘められたストーリーのヒアリングを行い、デイジーのエッセンスを視覚化する事を試みる。 住人と数回に行われたインタビューを通して、住人と木の精神的なつながり、オランダとインドネシアとのつながりなど様々なストーリーが展開した。

参加アーティストによって制作されたアートワークはオークション形式で落札され、その収益により2015年、デン・ハーグ、プリンスパークに再びデイジーが植樹された。